• HOME
  • >>
  • 苦情対応

社会福祉法人静香会は、保護者・利用者の皆様からの苦情を適切に解決する体制を整えておりますのでご案内いたします。なお、社会福祉法人静香会における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員会を下記のとおり設け、苦情解決に努めることにしています。

苦情担当者
施設名 苦情解決責任者 苦情受付担当者
悠雲寮 施設長 大迫 陽子 主任  鈴木 弓子
ゆううん 施設長 大迫 陽子 課長  岩田 ともえ
悠雲の家・アネックス悠雲の家 施設長 大迫 陽子 主事  木村一史
ほほえみ&みのり工房 施設長 下山 京子 課長  服部 綾乃 
このはな保育園 園長  伊藤 悟   主任  渡邉 和洋 

第三者委員会(平成30年4月1日から32年3月31日)
氏 名 ふりがな
加藤 明己 かとう  あけみ
杉山 高司 すぎやま たかし
石原 良明 いしはら よしあき

苦情の解決方法
1. 苦情の受付

いつでも、どこでも、誰でも苦情を申し立てができます。
苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。
第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。

2. 苦情受付の報告・確認
苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者に報告いたします。
苦情解決責任者は内容を確認し、苦情申出者に対して報告を受けた旨を通知します。
3. 苦情解決のための話し合い
苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。
その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立合いを求めることができ ます。
なお第三者委員の立合いによる話し合いは次のとおり行います。
①第三者委員による苦情内容の確認
②第三者委員による解決案の調整、助言
③話し合いの結果や改善事項等の確認
4. 苦情解決責任者が解決困難な苦情について
速やかに法人本部統括施設長、統括事務長、統括本部長と連携し、必要な対策を講ずる。 

苦情結果の公表
お寄せいただいた苦情は、個人情報に関するものを除き、プライバシーに十分な配慮をした上で、静香会ホームページ及び広報誌悠雲で公表いたします。
なお公表に当りましては、苦情申出人のご意思を確認の上で行うことといたします。

●2018年7月~9月

今回はありませんでした。



●2018年4月~6月

このはな保育園

(3件)

【苦情1】 是正日:平成30年5月24日
園児の怪我とその後の対応①

◇苦情内容
5/17(木)、「帰宅した子どもの手のひらに噛みつかれた跡があった」と保護者から連絡を受けた。降園時には職員から特に何も聞いていないという事であった。

◇対応内容
噛付きを防げなかったことに加えて、それに気づかずに帰宅させてしまったことを謝罪した。園児にも、何か友達とトラブルがあった時には声を出してほしいことをお願いした。

【苦情2】 是正日:平成30年5月29日
園児の怪我とその後の対応②

◇苦情内容
5/29(金)、「帰宅した子どもの左頬に擦り傷がある」と保護者から連絡を受けた。降園時には職員から特に何も聞いていないという事であった。(苦情1と同じ保護者より)

◇対応内容
マネジメントカメラの映像でその日の様子をチェックするも、怪我の場面は確認できなかった。保護者には謝罪をし、対策として登園時と降園時の視診を徹底すること、しばらくの間は職員が視界から外すことなく見守ることを説明した。全職員にもその旨を伝達し、クラスの枠を超えて協力体制の強化を図った。

【苦情3】 是正日:平成30年6月12日
園児受け入れ時の対応

◇苦情内容
保護者より、最近、子どもが登園するのを嫌がることが増えたとの報告があった。直接起因しているかどうかは定かではないが、朝の受け入れ時に、部屋にいる職員が事務仕事をしている等、子どもが後回しにされている感じを受けるとの指摘を頂いた。

◇対応内容
受け入れ時に事務作業を行う事は禁止とし、必ず一人ひとりと目をあわせコミュニケーションをとることも全職員に再度周知した。また、連絡帳には園での子どもの様子を分かりやすく簡潔に書き、保護者とのコミュニケーションを大切にするよう指導した。

※貴重なご意見ありがとうございました。再発防止に十分努めてまいります。



過去の報告はこちら

採用情報 情報公開 苦情対応 広報誌